「運動」の「基準」に対する学術的報告

運動の基準に対する学術的報告

「運動」の「基準」に対する学術的報告についてご紹介します。

 

これまでたくさんの運動の効果をお伝えしてきました。

ただ、報告により運動の「内容」がまちまちでした。

国際的にある程度認められた「健康増進作用のある運動の基準」というものがあるのでしょうか?

WHOの基準

国際的にある程度認められた「健康増進作用のある運動の基準」はあります。

WHOが定めた基準があります。

発行元がWHOですので、信用度が最も高いと思います。

 

この基準では、3つの年齢層に分けて基準が設けられています。

3つとは、

  • 5~17歳の「小児」
  • 18~64歳の「成人」
  • 65歳以上の「高齢者」

です。

 

●5~17歳の「小児」

1日あたり60分の中~高強度の運動を毎日行う

1日60分以上の運動を行うことで、さらなる健康効果が期待できる

有酸素運動を毎日行うことに加えて、筋や骨を強化するための高強度運動を1週あたり3日行う

 

●18~64歳の「成人」

1週あたり150分の中強度の有酸素運動、または1週あたり75分の高強度の有酸素活動、または同等の中~高強度の運動を組み合わせる

有酸素性運動は1回につき、少なくとも10分以上続ける

中強度の有酸素活動を週300分に増やしたり、または、高強度の有酸素運動を週150分に増やしたり、または、同等の中~高強度の運動を組み合わせることは、さらなる健康効果が期待できる

週2日またはそれ以上、大きな筋肉を使う筋力トレーニングをする

 

●65歳以上の「高齢者」

1週あたり150分の中強度の有酸素運動、または1週あたり75分の高強度の有酸素活動、または同等の中~高強度の運動を組み合わせる

有酸素性運動は1回につき、少なくとも10分以上続ける

中強度の有酸素活動を週300分に増やしたり、または、高強度の有酸素運動を週150分に増やしたり、または、同等の中~高強度の運動を組み合わせることは、さらなる健康効果が期待できる

運動制限を伴う場合は、バランス能力を向上させ転倒を防ぐための運動を1週あたり3日以上行う

週2日以上、大きな筋肉を使う筋力トレーニングをする

健康状態によって、これらの推奨量の運動を実施できない場合は、身体能力や健康状態の許す範囲でできる限り活動的でいること

WHOの基準が意味すること

WHOの「運動」に対する基準について、何か気づかれたことはあるでしょうか?

 

そうです。

「成人」と「高齢者」は、実は「ほとんど同じ基準である」ということです。

これは何を意味するのでしょうか?

 

現在の通常の社会では、「年を取るにつれて活動性が下がる」ことは「当然」と考えられています。

もしそうであるなら、「高齢者」の「運動の基準」は下がるはずです。

しかし、WHOの基準では、あまり下がっていません。

つまりこれは、「年を取るにつれて活動性が下がる」のではなく、「年を取っても活動性はあまり下がらない」、とWHOが考えているということです。

 

クリニックの意見も同じです。

高齢者と呼ばれる年齢でも元気で頑張っている人はたくさんいます。

それこそ70歳以上でも、新しく事業を起こしたり、新しい仕事の勉強を開始する人もいます。

 

もちろん、全ての人が、「年を取っても活動性はあまり下がらない」、という訳ではありません。

日ごろの日常生活習慣が大きく影響してくると思います。

 

「年を取っても活動性があまり下がらない」

いいことですよね。