慢性疼痛バイオフィードバック外来

2019年5月から、痛い・痛みに対するバイオフィードバックを使用した治療を行う「慢性疼痛バイオフィードバック外来」を開始しています。

 対象疾患は、

  • 肩こり
  • 腰痛
  • そのほか難治性の痛み

です。

 

慢性的な痛み・痛いにお困りの方で、「慢性疼痛バイオフィードバック外来」をご希望の方は、ご連絡ください。


慢性疼痛とは

慢性疼痛とは、”一般的に治ると考えられる時期”を過ぎても痛みが続いている状態のことです。

”一般的に治ると考えられる時期”は、通常、けがなどは3か月くらいで治るため、3か月を超えても痛みが続いている時に、慢性疼痛の診断となります。

 

慢性疼痛の原因には、けがなどの外傷、変形性関節症、原因がはっきりしない痛み

などがあります。

 

さらに、慢性疼痛は、”従来型”の標準的な治療法である「生物医学的モデル」による治療

では、治療が困難なことが報告されており、最新の治療法である「生物心理社会モデル」による治療が望ましいとされています。

慢性疼痛バイオフィードバック外来

このように慢性疼痛には、「生物心理社会モデル」による治療が望ましことは既に報告されていますが、「生物心理社会モデル」を臨床現場で行うことはかなり困難であることも事実であり、ほとんど行われていないことが現状です。

 

この問題点を解決する1つの方法が、”バイオフィードバック”です。

 

”バイオフィードバック”は、「身体」の状態をリアルタイムに画像化し、その画像を見ることで何らかの反応を起こす方法ですが、「心」の状態も画像化することができます。

そのため、”バイオフィードバック”は、「痛み」の治療に応用することができます。

 

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは2019年5月から、「慢性疼痛バイオフィードバック外来」で慢性疼痛に対し「生物心理社会モデル」による治療の一環として”バイオフィードバック”を使用した治療を行っています。

 

「慢性疼痛バイオフィードバック外来」は、エメラルド整形外科疼痛クリニックの治療方針である『「両極」の治療』のうち、

  • 西洋医学
  • 「身体」に対する治療と「心」に対する治療
  • 薬を使わない医療
  • 最新の治療

に該当します。

保険適応

「慢性疼痛バイオフィードバック外来」は、健康保険 の範囲で行うことが可能です。

ですから、

  • 一般の方であれば3割負担
  • 後期高齢者の方であれば1割負担

で治療が可能です。


外来のながれ

一般外来では、まず、一般的な治療(問診・レントゲン撮影・診察)を行います。

その上で、クリニックの治療方針である『「両極」の治療』に則り、

  • 標準的な治療
  • 漢方薬
  • 認知行動療法

などを施行します。

しかし、これらの治療を行っても、痛みが十分に改善しない場合に、「慢性疼痛バイオフィードバック外来」として、バイオフィードバックを使用した治療を開始いたします。

 

そのほか、標準的な治療を行う前でも、

  • 筋肉の緊張が強い肩こり
  • 筋肉の緊張が強い腰痛

には、「慢性疼痛バイオフィードバック外来」として、バイオフィードバックを使用した治療を開始いたします。

 

ほかに、

  • 他院ですでに多くの治療を行っているにも関わらず痛みが良くならない

場合にも、「慢性疼痛バイオフィードバック外来」として、バイオフィードバック

を使用した治療を開始いたします。

慢性疼痛バイオフィードバック外来の流れ

「慢性疼痛バイオフィードバック外来」への受診を希望された場合、一般外来と同じく、まずは、

  • 一般的な治療(問診・レントゲン撮影・診察)

を行います。

その上で、クリニックの治療方針である『「両極」の治療』に則り、

  • 標準的な治療
  • 漢方薬
  • 認知行動療法

などの治療の選択肢をご説明したうえで、”バイオフィードバック”での治療をご希望された場合に、

  • バイオフィードバック

を使用した治療を開始いたします。

慢性疼痛バイオフィードバック外来での治療の流れ

①初回

「慢性疼痛バイオフィードバック外来」では

初回は、バイオフィードバックに精通した担当者らによる

  • ストレス  テスト
  • リラックス テスト

の2つのテストを行います。

 これらはそれぞれ約20分合計40分を要します。

 

2つのテストの後は、結果をお伝えし、今後の治療方針を相談します。

②次回受診時

次回には、相談し決定した治療方針に応じて

  • 運動器リハビリテーション
  • 筋電図リハビリテーション
  • 心拍変動リハビリテーション

などを開始いたします。


バイオフィードバック専用室(診察室3)

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは3つの診察室があります。

診察室1・2は整形外科外来用ですが、診察室3はバイオフィードバック専用となっております。

 

診察室3はバイオフィードバック機器一式の他、測定の際に使用するマッサージチェアが装備されています。