学術集会などでの講演

2019年4月19日に札幌市で開催される「第62回日本手外科学会学術集会」のクラークセミナで『CRPSに対する生物心理社会モデルによる治療』の講演を行いました。

 

整形外科の中でも最も難治といわれているCRPS(複合性局所疼痛症候群)は、『生物学的モデル』による治療では難治ですが、『生物心理社会モデル』に基づいた心理的アプローチや社会的アプローチが有効なことがあります。

この講演会ではこのような趣旨のことを講演しました。

 

なお、『生物心理社会モデル』の詳細についてはリンク先をご覧ください。

 

2019年10月9日に、医師・歯科医師・看護師・理学療法士・作業療法士・臨床心理士・ソーシャルワーカーの方達を対象として、講演会で講演をしました。

札幌市 北区 麻生 整形外科 痛み 痛い 疼痛 MRI オープン型 注射 駐車 リハビリテーション 牽引 低周波 益子竜弥 肩 腰痛 肩こり 骨粗鬆症 骨密度測定器 専門 漢方薬 東洋医学 子供 小児 バイオフィードバック ニューロフィードバック 脳波 パフォーマンス 向上 自律神経 アスリート 音楽家 エグゼクティブ 経営者 難治性 治らない 治療 クリニック 両極の治療 骨折 手 膝 足関節 足 指 ガングリオン 生物医学的モデル 生物心理社会モデル 診療時間 混雑状況 受付時間 英語