最新の治療

最新の治療とは

当クリニックでは、『生物心理社会的モデル』に基づいた治療として

  • バイオフィードバック
  • 漢方薬による治療を一歩進めた治療法である、『直漢法®
  • 認知行動療法をアレンジした治療法である、『自主的認知行動療法』

による治療を行っており、最新の痛み・痛いに対する治療であると考えています。


バイオフィードバック


バイオフィードバックとは

バイオフィードバックは、身体に各種のセンサーをつけ、身体の状態(バイオ)をリアルタイムに画像化し、その画像結果を各種方法で役立てる(フィードバック)することをいいます。

 

センサーには、

  • (表面)筋電図
  • 皮膚温
  • 皮膚コンダクタンス
  • 容積脈波
  • 心電図
  • 脳波計

などがあります。

バイオフォードバックの種類

バイオフィードバックには、大きく分けて2つあります。

 

1.バイオフィードバック

これはいわゆるバイオフィードバックで、主に、筋電図、皮膚温、皮膚コンダクタンス、心拍数、脈波呼吸などをモニターします。

 

2.ニューロバイオフィードバック

脳波をモニターするバイオフィードバックを特別にニューロバイオフィードバックと呼びます。

 

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、まずはバイオフィードバックによる治療を開始し、その後、ニューロバイオフィードバックの開始を予定しています。

3つのバイオフィードバック外来

バイオフィードバックは、「身体」の状態をリアルタイムに画像化し、その画像を見ることで何らかの反応を起こす方法ですが、「心」の状態も画像化することができます。

 

そのため、バイオフィードバックは、

  • 痛い・痛み・慢性疼痛
  • 高血圧
  • ストレス

の治療に応用することができます。

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、

  • 慢性疼痛バイオフィードバック外来
  • 高血圧バイオフィードバック外来
  • ストレスバイオフィードバック外来

の3つの外来で治療を行っています。


直漢法®(直観的漢方薬選択法)


東洋医学は、「心身一如」の考えを基本として、「心」と「身体」に対する治療を行います。

「身体」に対する治療であるので、「生物医学的アプローチ」

「心」に対する治療でもあるため、「心理的アプローチ」

と言えます。

そしてその際に使用される薬剤が、漢方薬です。

 

しかし、実際のところ、東洋医学は奥が深く、また、かなりわかりづらいために、漢方薬を使いこなして治療することができる医師は極めて少ないということが現状です。

整形外科も例外ではなく、漢方薬を使いこなして日常診療に当たっている医師はほぼ皆無だと思います。

 

そのような状況を改善するために、当クリニックの院長が作成した新しい漢方薬の治療体系が、『直漢法®(直観的漢方薬選択法)』です。

直漢法®を考慮する状況

当クリニックでは、「慢性疼痛」や「難治性疼痛」の方で、各種治療を行ってもあまり改善が得られない場合に、『直漢法®』による治療を勧めています。

 

また、「慢性疼痛」や「難治性疼痛」の状態ではなくとも、『直漢法®』による治療を希望する患者さんには『直漢法®』による治療を行っています。

直漢法®の学術的報告

[1] 益子竜弥、松居祐樹、イワン・ゴンチャル、宮崎拓自、綛村俊之、小谷善久. 直漢法®の有用性~難治性疼痛における検討~ 北海道整形災害外科学会雑誌、57巻、1号、p75-85, 2015.

[2] 益子竜弥.岩崎倫政. 末梢性神経障害性疼痛に対する直漢法の有用性 Peripheral Nerve 26(2): p370, 2015

[3] 益子竜弥難治性疼痛に対する直漢法のさらなる有用性の検討 痛みと漢方、26巻、p23-26, 2016

『直漢法®』についてご興味がある方は、下記のサイトをご覧ください。


『自主的認知行動療法』


認知行動療法について

認知行動療法は、近年、特に注目を集めている治療法の1つです。

認知行動療法は、まずはうつ病に対して行われ、そして効果が立証されました。

その後、次々にさまざまな病気・状態に対して有用性が証明され、慢性疼痛や慢性的な痛み・痛いに対しても有効であることが報告されています。

 

認知行動療法は、主に心に対する治療であるため、「心理的アプローチ」

となりますが、”心理社会的要因”に対応することができますので、「社会的アプローチ」

ともいえます。

『自主的認知行動療法』

 前述のように、認知行動療法は慢性疼痛や慢性的に痛み・痛いに対して有効です。

 しかし、ここでも重大な問題点があります。

 

それは、認知行動療法は難しいということです。

その理由は、認知行動療法が「心」を対象とするからです。

 

精神科以外の科の医師にとって、「心」は非常に難しく、従って治療することも難しいことが現状です。

ですから、精神科以外の科の医師が認知行動療法を理解し、実際の臨床現場で使用することは、かなり難しいことになります。

 

もう一つ、重大な問題があります。

それは、認知行動療法を行うには、外来でかなり長い時間が必要になるということです。

具体的には、毎回、一人につき30分以上が必要となります。

診療科の中でも有数に患者数が多い整形外科では、実質的にはかなり困難となります。

 

これらの問題を解決するため、当クリニックの院長が作成した新しい認知行動療法の治療体系が、『自主的認知行動療法』です。

『自主的認知行動療法』であれば、上記の問題を解決することができます。

『自主的認知行動療法』を考慮する状況

当クリニックでは、「慢性疼痛」や「難治性疼痛」の方で、各種治療を行ってもあまり改善が得られない場合に、『自主的認知行動療法』による治療を勧めています。

 

また、「慢性疼痛」や「難治性疼痛」の状態ではなくとも、『自主的認知行動療法による治療を希望する患者さんには『自主的認知行動療法』による治療を行っています。

『自主的認知行動療法』の学術的報告

邦語論文がアクセプトされませした。

現在、発刊に向け、準備中です。