クリニック名の由来

なぜ、”エメラルド”か

通常、クリニック名には、「院長の名前」や「地域の場所」を用いることが一般的ですが、当クリニックには、「エメラルド」という通常の病院・クリニックでは使用されることのない名前が入っています。

 

これには2つの意味があります。

 

☆1つ目の意味

この「エメラルド」は「エメラルドオーシャン」の「エメラルド」ということです。

 

「エメラルドオーシャン」という名前はあまり知られてはいませんが、「ブルーオーシャン」や「レッドオーシャン」という名前を聞いたことはあるかしれません。

 

「ブルーオーシャン」は、経営戦略の言葉ですが、競争相手の(あまり)いない領域、つまり「競争のない未開拓市場」という意味です。ですから、「ブルーオーシャン」で事業をすることが企業にとって望ましい、ということにまります。

 

反対に「レッドオーシャン」は、競争相手が既に多い既存の領域、つまり「競争の激しい既存市場」という意味になり、従って「レッドオーシャン」で事業をすることは企業にとっては望ましくない、ということにまります。

 

「エメラルドオーシャン」は、基本的には、競争相手はいないが既に事業が行われてる領域、つまり「競争のない既存市場」という意味であり、従って「エメラルドオーシャン」で事業をすることは企業にとってはとても望ましい、ということになりますが、反対にそのような領域はほぼない、とも言えます。

 

また、院長の個人的な「エメラルドオーシャン」の解釈は、“エメラルドオーシャンは、Only 1でNo.1”です。

 

つまり、「競争のない既存市場(つまり医療)」で、”Only 1でNo.1”の医療を提供し、社会に貢献したいという強い思いから、「エメラルド」整形外科疼痛クリニックと名付けました。

 

☆2つめの意味

この「エメラルド」は「宝石」の「エメラルド」ということです。

言うまでもなく、「エメラルド」は緑色の綺麗な宝石です。

和名は、翠玉、緑玉です。

 

「エメラルド」自体が貴重な宝石であることはご存じのことと思いますが、「エメラルド」の中には、さらに貴重な「エメラルド」があります。

 

それが、「スターエメラルド」です。

これは「スター効果」という光の反射により光の筋が発生する「エメラルド」で、極めて貴重です。

 

このように貴重で素晴らしい「エメラルド」のような存在になり、札幌はもとより、日本・海外に貢献したいという強い思いから、「エメラルド」整形外科疼痛クリニックと名付けました。

 

クリニックのロゴは、この「スターエメラルド」を意味しています。