「両極」の治療:痛みに対する生物心理社会モデルに合致

痛み(慢性疼痛)に対する治療は進歩しています

現在、痛み(慢性疼痛)に対する「西洋医学的治療」は格段に進歩しています。

具体的には、プレガバリンやトラマール、デュロキセチンなどの薬剤が痛み(慢性疼痛)に対して使用可能となり、これらの新薬で痛み(慢性疼痛)が改善する場合が増えてきてはいます。

しかし、有効でないこともかなりあります

しかし、これらの新薬でも良くならない患者さんは、かなりおられます。

【痛みの治療の現状】で示したように、

  • 「完治」と「改善」をあわせて、12%
  • 「大変満足」と「やや満足」をあわせて、36%

これが、現在の整形外科領域の慢性疼痛の治療の現状です。

慢性疼痛治療の有効性は、改善以上がわずか12%という結果です
 慢性疼痛治療の満足度は、やや満足以上がわずか36%という結果です

痛みの治療の現状のまとめ

 つまり、

  • 西洋医学だけの治療
  • 「身体」に対する治療
  • 薬を使う医療
  • 標準的な治療

では、十分ではないということです。

なぜでしょうか?

そうではない治療があります

ここは重要なことなので、しっかり確認させていただきますが、

  • 西洋医学だけの治療
  • 「身体」に対する治療
  • 薬を使う医療
  • 標準的な治療

が、悪いということでは、全くありません。

むしろ、これらの治療は現在の日本では、広く一般的に行われている治療であり、痛みに対する効果も証明されています。

 

ここで大切なことは、この、広く一般的に行われている治療が有効でない患者さんもおられるということです。

つまり、

  • 西洋医学
  • 「身体」に対する治療
  • 薬を使う医療
  • 標準的な治療

これらの他に有効な治療がある、ということです。

それが、「両極」の治療です。

「両極」の治療とは

現在、日本で普遍的に通常行われている広く一般的に行われている治療のほかにも、痛み(慢性疼痛)に対して有効な治療法があります。

これらは、一見、相反している「真逆」の対極の治療法のように思えます。

具体的には、

西洋医学と、東洋医学

「身体」に対する治療と、「心」に対する治療

薬を使う医療と、薬を使わない医療

従来型の標準的な治療と、最新の治療

です。

 

これらは一見、「真逆」で対極に見えますので、「両極」の治療と命名しました。

エメラルド整形外科疼痛クリニックの治療方針が「両極」の治療です

なぜ、これらは日本で行われないのでしょうか?

上記の

西洋医学と、東洋医学

「身体」に対する治療と、「心」に対する治療

薬を使う医療と、薬を使わない医療

従来型の標準的な治療と、最新の治療

が痛みに対して有効であることは、学術的にも証明されています。

 

しかし、なぜ日本ではこれらは行われないのでしょうか?

それは、「あまりにも違い過ぎるから」です。

 

つまり、西洋医学に対し知識・経験がある医者でも、東洋医学を勉強していないのであれば、東洋医学に対しては知識・経験はゼロであるからです。

ですから、一から東洋医学を勉強しなければなりません。

 

「身体」に対しても同様です。

「身体」に対する知識・経験がある医者でも、「心」に対する知識・経験はゼロのことが多々あります。

 

このように、「両極」の治療を行うためには、単純に考えて2倍の努力が必要になります。

さらに日本では、東洋医学・「心」に対する治療・薬を使わない医療・最新の治療を学ぶ機会が海外と比較しかなり少ないことも原因の1つと思われます。

「両極」の治療を勤務医として実践してきました

以前より、日常診療において、現在の痛い・痛みに対する治療の限界を感じてきました。

ですから、ほぼ独学で、広く一般的に行われている治療のほかに、東洋医学・「心」に対する治療・薬を使わない医療・最新の治療について勉強し、そして、勤務病院で実際に臨床で使用してきました。

また、その経験を学術集会などで発表したり、医学論文としてまとめ報告してきました。

 

今後、これらの治療法がさらに「求められる」ようになります。

そのため、今まで以上に「両極」の治療を行うことで、できるだけ多くの患者さの痛い・痛みを良くしていきたいと考え、クリニックの開院を決意しました。


2.「両極」の治療

エメラルド整形外科疼痛クリニックの治療方針が「両極」の治療です


関連リンク