従来型の標準的な治療

従来型の標準的な治療とは

従来型の標準的な治療とは、一般の整形外科で普遍的に広く既に行われている、痛いや痛みに対する治療のことです。

具体的には、

  • 内服薬
  • 外用剤
  • 注射
  • 消炎鎮痛
  • リハビリテーション

などがあります。


内服薬

ケガ・外傷に対しては、非ステロイド性消炎鎮痛剤(いわゆる痛み止め)を使用します。

変形性関節症に対しては、非ステロイド性消炎鎮痛剤(いわゆる痛み止め)のほか、デュロキセチンを使用します。

神経障害性疼痛に対しては、プレガバリン、デュロキセチン、トラマール、ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液などを使用します。

 頚椎捻挫(いわゆる、むちうち)や腰椎捻挫などに対しては、鎮痙剤を使用します。


外用剤

ケガ・外傷、変形性関節症などに対しては、非ステロイド性消炎鎮痛剤(いわゆる痛み止め)が入った外用剤を使用します。


注射

変形性関節症に対して、ヒアルロン酸の注射を行います。

頚部痛、腰痛などに対してワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液などが入った注射を行います。


消炎鎮痛

頚部痛や腰痛などに対して消炎鎮痛処置を行っています。

具体的には、

  • 牽引療法(頚椎・腰椎)
  • 腰椎牽引
  • 低周波
  • マッサージ

などです。


運動器リハビリテーション

運動器リハビリテーションとは、運動器(「骨」・「関節」・「筋肉」・「神経」など、身体を動かしたり支持する組織や器官の総称)に疾患を持つ患者さんに対して、運動療法・物理療法・装具療法などを用いて身体機能を可能な限り改善することを目的としたものです。

 

疾患としては、

  1. 上・下肢の複合損傷、脊椎損傷による四肢麻痺その他の急性発症した運動器疾患又はその手術後の患者
  2. 関節の変性疾患、関節の炎症性疾患その他の慢性の運動器疾患により、一定程度以上の運動機能及び日常生活能力の低下を来している患者

と定められています。

 

これらの方を対象として、運動器リハビリテーションを行っています。