「両極」のリハビリテーション:リハビリテーションと対極の治療を融合

「両極」のリハビリテーションであるエメラルド両極運動器リハビリテーション

エメラルド整形外科疼痛クリニックのリハビリテーションには大きな特徴があります。

それは、一般的に広く行われている標準的なリハビリテーションに加えて、

  • 標準的な治療
  • 対極の治療(漢方薬、筋電図・心拍変動バイオフィードバック)

融合した「両極」のリハビリテーションを行っていることです。

それが、エメラルド両極運動器リハビリテーションです。

エメラルド整形外科疼痛クリニックのリハビリテーションの大きな特徴は、「両極」のリハビリテーションであり、標準的な治療であるリハビリテーションと対極の治療を融合して治療します。

「両極」のリハビリテーションを行う理由

それでは、なぜ、エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、「両極」のリハビリテーションであるエメラルド両極運動器リハビリテーションを行っているのでしょうか?

 

その理由は、標準的なリハビリテーション(運動器リハビリテーション、物理療法)は、

  • 疾患・病状によっては、有効な場合もありますが、単独では、なかなか改善しないことも多い

からです。

 

しかし、対極の治療(漢方薬、筋電図・心拍変動バイオフィードバック)は、

  • 単独でも有効な場合が多いことに加え、標準的な治療と融合することで、さらに有効となることが多い

からです。

バイオフィードバックリハビリテーション

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、標準的なリハビリテーションのほかに、対極の治療によるリハビリテーションを行っています。

具体的には、

  1. 筋電図を使用したバイオフィードバックリハビリテーション
  2. 心拍変動を使用したバイオフィードバックリハビリテーション

の2つのバイオフィードバックリハビリテーションを行っています。

1. 筋電図を使用したバイオフィードバックリハビリテーション

エメラルド整形外科疼痛クリニックには、札幌はもとより北海道の実臨床現場では初めて、バイオフィードバック機器を用いたエメラルド筋電図バイオフィードバックリハビリテーションを行っています。

 

主にエメラルド筋電図バイオフィードバックリハビリテーションを行っている対象疾患は、

  • 治りづらい首の痛み
  • 治りづらい肩こり
  • 治りづらい腰痛
  • 手術後の膝関節
  • 手術後の股関節
  • 手術後の肩関節

です。

 

なお、クリニックには、バイオフィードバック機器は2機が常設しています。

エメラルド整形外科疼痛クリニックは、全国でもほとんど行われていない筋電図を使用した筋電図バイオフィードバックリハビリテーションを行っています。
筋電図バイオフィードバックリハビリテーションでは、dysponesisという不随意筋収縮を測定し、治療します。

筋電図を使用したバイオフィードバックリハビリテーション

筋電図バイオフィードバックリハビリテーションでは、dysponesisという不随意筋収縮を測定し、治療します。

2機のバイオフィードバック機器

2. 心拍変動を利用したバイオフィードバックリハビリテーション

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、整形外科では全国でもほとんど行われていないバイオフィードバック機器を用いた心拍変動を利用したバイオフィードバック(エメラルド心拍変動バイオフィードバックリハビリテーション)を行っています。

 

心拍変動を利用したバイオフィードバックは、自律神経のバランスを改善することが可能であり、また、痛み(慢性疼痛)にも有効なことが報告されています。

 (Kapitza et al. Appl Pshychophysiol Biofeedback, 2010.)

 (Hallman et al. Appl Pshychophysiol Biofeedback, 2011.)

 

なお、クリニックには、バイオフィードバック機器は2機が常設しています。

エメラルド整形外科疼痛クリニックは、全国でもほとんど行われていない心拍変動を使用した心拍変動バイオフィードバックリハビリテーションを行っています。