薬を使わない医療:札幌市北区で麻生駅に近接する整形外科クリニック

薬を使う医療

これまでの主流であった医療が、「薬を使う医療」です。

痛み止めのほか、抗生物質や抗がん剤などは西洋医学の薬で、漢方薬は東洋医学の薬です。

 

もちろん、「薬を使う医療」が良くないという意味では決してありません。

適した病態に対する薬剤は大いに有効です。

一例として、細菌に感受性のある抗生物質の使用は大変有効です。

しかし、薬では良くならない病態があることもまた事実です。

薬を使わない医療

エメラルド整形外科クリニックの「薬を使わない医療」には、おおきく5つあります。

 

①リハビリテーション

リハビリテーションや物理療法(低周波治療・牽引療法)は、まさに薬を使わない治療に該当します。

 

②認知行動療法

認知行動療法は、うつ病・不安症などだけではなく、痛み(慢性疼痛・痛い)に対しても有効であることがすでに報告されています。

 

③バイオフィードバック

筋電図リハビリテーションや心拍変動バイオフィードバックは、一切薬を使用しませんが、痛み(慢性疼痛・痛い)に有効です。

なお、クリニックでは表面筋電図を使用したエメラルド筋電図バイオフィードバックリハビリテーションを行っています。

 

④脳波ニューロフィードバック

エメラルド整形外科クリニックで行っている最新医療の1つに、痛み(慢性疼痛・痛い)に対する脳波ニューロフィードバックがあります。

 

⑤エメラルド両極瞑想法

エメラルド整形外科クリニックで開発したエメラルド両極瞑想法は、瞑想と最新医学を融合した新しい瞑想法ですが、痛み(慢性疼痛・痛い)に対する有効性が期待されます。

大切なことは、適材適所

ここで非常に大切なことは、

「薬を使う医療」と「薬を使わない医療」のどちらが優れているか?

ということでは、全くありません。

 

「薬を使う医療」も「薬を使わない医療」も大いに有効です。

しかし、病態によっては、

・「薬を使う医療」の方が有効

・「薬を使わない医療」の方が有効

となることがある、ということです。

 

つまり、最も大切なことは、

患者さんの状況に応じて適材適所に「薬を使う医療」と「薬を使わない医療」を使い分ける

ということです。

 

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、患者さんの状況に応じて、「薬を使う医療」「薬を使わない医療」を使い分けています。


不随意筋緊張 dysponesis 筋電図 瞑想 慈愛 呼吸 心を科学する 指南書 ラビングカインドネス 札幌市 北区 麻生 整形外科 痛み 痛い 疼痛 MRI オープン型 リハビリテーション 牽引 低周波 益子竜弥 肩 腰痛 肩こり 骨粗鬆症 骨密度測定器 専門 漢方薬 東洋医学 バイオフィードバック 自律神経 難治性 治らない 治療 クリニック 両極の治療