トップページ

お知らせ

理念

痛みをあきらめない!
札幌市北区麻生に位置するエメラルド整形外科疼痛クリニックは、
痛みが良くならず困っている患者様のお力になりたいという思いで開院いたしました。
そのため、一般的な病院・クリニックで行われている標準的な治療法だけでなく、
漢方薬・認知行動療法に加え、日本ではほとんど行われていない最新の治療法である
バイオフォードバック治療など多彩で独自の治療法を積極的に行っています。

診療時間のご案内

診療時間

診療時間は上記の表のようになっています。
診療時間と受付時間は異なりますので、ご注意ください。

新患・予約外、再診・予約済 受付時間

受付時間は、上記の表のように、新患・予約外の患者様と再診・予約済の患者様で異なりますので、ご注意ください。

エメラルド整形外科疼痛クリニックは、ご予約の患者様優先とさせていただいております。
新患予約については、9:00~9:3014:00~14:30それぞれの時間帯で1名ずつのみ受け付けしておりますので、新患予約をご希望の方はご連絡ください
新患予約の詳細はこちらをご覧ください

クリニックのご紹介

エメラルド整形外科疼痛クリニックの院長の益子竜弥のご紹介

エメラルド整形外科疼痛クリニックの院長のご紹介です。

外来の詳細

エメラルド整形外科疼痛クリニックの外来の詳細についてご紹介します。

診療部門のご紹介

MRIやリハビリテーションなど、診療部門のご紹介です。

治療を行っている疾患

エメラルド整形外科疼痛クリニックで治療を行ってる疾患をご紹介します。

医療機関と連携

エメラルド整形外科疼痛クリニックと連携している医療機関のご紹介です。

新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルス感染症に対するクリニックの空気感染対策内容や、有効な漢方薬、ブレインフォグなどの後遺症に対する報告についてです。新型コロナウイルスのワクチンによる障害に対する治療成績も掲載しています。

エメラルド整形外科疼痛クリニックの動画集

エメラルド整形外科疼痛クリニックについての動画集です。

エメラルド整形外科疼痛クリニックの院長が掲載されている書籍

『財界さっぽろ』、『名医のいる専門外来』、『名医のいる病院』、『道民雑誌クオリティ』など院長が掲載されている書籍

クリニックの特徴

多彩な独自の治療法

西洋薬とリハビリテーションという標準的な治療に加え、漢方薬、認知行動療法、筋電図バイオフィードバック、心拍変動バイオフィードバック、脳波ニューロフィードバック、瞑想という多彩な独自の治療法で痛みの治療を積極的に行っています。

積極的に漢方薬で治療

東洋医学の叡智である漢方薬を積極的に治療に使用しています。
漢方薬は、肩こり、腰痛、ぎっくり腰のほか、五十肩、股関節痛、膝関節痛など整形外科疾患にかなり有効で、実は即効性があります。
さらに、頚椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニア、手根管症候群など、絞扼性神経障害にも良く効きます。

担当制・予約制で2単位40分のリハビリテーション

患者さま1人に対し理学療法士1名が担当となるため、継続性のあるリハビリテーションが可能です。
事前に予約ができるため、忙しい方でも定期的なリハビリテーションが可能です。
施行時間は2単位40分と充実した長さとなっています。

ガイドラインに則った骨粗鬆症治療

ガイドラインに則った骨粗鬆症治療を積極的に行っています。具体的には、レントゲン、腰椎・大腿骨の骨密度測定で診断を行い、骨代謝マーカーで骨代謝を評価した後、状況に応じた薬で治療を行っています。
骨粗鬆症に有効な食事と運動についても紹介しています。

病変を積極的に抽出するMRI

通常MRIの撮影法であるT1強調画像、T2強調画像に加え、病変の描出に優れるSTIR撮影をルーチンで行っております。

快適な院内環境

4台のウイルスを除去できる特殊な空気清浄機と、5台のアロマディフューザーで抗ウイルス作用のある精油を散布し、快適な院内環境を心がけています。

多彩な独自の治療法

両極の治療

クリニックの治療方針は、「両極」の治療です。
「両極」の治療とは、標準的な治療と対極の治療の両方を、患者様の状態に応じて使い分ける治療のことです。

標準的な治療

標準的な治療として、西洋医学の内服薬、注射、リハビリテーション、牽引・低周波などの物理療法を行っています。

対極の治療

対極の治療として、東洋医学である漢方薬、認知行動療法、バイオフィードバック治療(筋電図、心拍変動、自律神経の評価)、脳波ニューロフィードバック治療、瞑想を行っています。

両極のリハビリテーション
「両極」のリハビリテーション
についてご紹介します

「両極」のリハビリテーションとは、標準的な治療であるリハビリテーションに併用して、対極の治療である漢方薬やバイオフィードバック治療を行うことで、より治療効果を高めるエメラルド整形外科疼痛クリニック独自のリハビリテーションのことです。

バイオフィードバック
最新医療であるバイオフィードバック
についてご紹介します

最新医療であるバイオフィードバック治療には、筋電図バイオフィードバック、心拍変動バイオフィードバック、自律神経の評価を行うストレステスト・リラックステストがあります。

脳波ニューロフィードバック
日本でほぼ行われていない脳波ニューロフィードバックについてご紹介します

脳波ニューロフィードバックは、脳波を用いたバイオフィードバックのことです。
日本ではほぼ行われていませんが、エメラルド整形外科疼痛クリニックでは痛みの治療に保険診療で行っています。

パフォーマンス向上

エメラルド整形外科疼痛クリニックは痛みに特化したクリニックですが、治療だけではなく、最新医療技術であるバイオフィードバックを使用して、音楽家やアスリートのパフォーマンス向上も行っています。

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは瞑想による治療を施行

「瞑想を科学する」をスローガンとして、東洋の叡智である瞑想と、最新西洋医学である脳波ニューロフィードバックを融合したエメラルド両極瞑想法を開発し、難治性の痛みの治療を行っています。

漢方薬全国ランキング2022年前期では3種類が北海道1位

漢方薬(ツムラ社)の処方数の全国および北海道総合病院・病院・クリニックを含めての順位です。
エメラルド整形外科疼痛クリニックは3種類の漢方薬が北海道で1位全国でも30位以内です。
これは、多くの医師が在籍している大病院ではなく、整形外科医1人のクリニックの結果ですので、治療において漢方薬がかなりの高頻度で処方され、さらに、漢方薬が有効であるからこそ患者様が継続的に内服していただいた結果と言えます。

新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルス感染症に対する空気感染対策

新型コロナウイルス感染症に対してクリニックで行っている空気感染対策についてお伝えします。

免疫力を向上する漢方薬

新型コロナウイルス感染症に対する対策の1つとして、免疫力を向上する漢方薬をおすすめしています。

ウイルスに有効な漢方薬

新型コロナウイルス感染症に対する対策の1つとして、ウイルス性疾患に有効な漢方薬をご紹介します。

新型コロナウイルス感染症に対するワクチン後に生じている障害

新型コロナウイルスワクチンを接種後に生じている障害についてご紹介します。

ワクチン接種関連肩関節障害(SIRVA)

新型コロナウイルスワクチンを接種後に生じているワクチン接種関連肩関節障害(SIRVA)についてご紹介します。

ワクチン接種関連運動器障害(MARVA)

新型コロナウイルスワクチンを接種後に生じているワクチン接種関連運動器障害(MARVA)についてご紹介します。

新型コロナウイルス感染症の後遺症

新型コロナウイルス感染症後の後遺症であるブレインフォグ

新型コロナウイルス感染症後の後遺症の1つであるブレインフォグついてご説明します。

アクセス

〒001-0040 札幌市北区北40条西4丁目1-1 ASABU LAND 1階
TEL: 011-738-0011
FAX: 011-738-0012

地下鉄でお越しの方
・地下鉄南北線麻生駅 4番出口から、徒歩1分
・地下鉄南北線麻生駅 6番出口から、徒歩2分

バスでお越しの方
・麻生バスターミナルから、徒歩2分

JRでお越しの方
・JR新琴似駅から、徒歩9分

車でお越しの方
・札樽自動車道 札幌北インターチェンジより1.5 km

駐車場
・クリニックの玄関前:13台
・クリニックの3階・4階・屋上:328台
・合計341台の駐車スペースがあります。
・クリニックを使用された方は1時間無料となりますので、受付にその旨をお伝えください。

エメラルド整形外科疼痛クリニック 地図