標準的なリハビリテーション

標準的なリハビリテーションの3つの特徴

エメラルド整形外科疼痛クリニックが行っている標準的なリハビリテーションには、
・担当制・予約制の運動器リハビリテーション
・低周波・牽引などの物理療法
・超音波骨折療法という3つの特徴があります。

1. 担当制・予約制の運動器リハビリテーション

☆対象疾患
運動器リハビリテーションを行っている対象疾患は、
・肩の痛み
・首の痛み・肩こり
・膝の痛み
・腰痛
ですが、これら以外の疾患に対しても積極的にリハビリテーションを行っています。

☆担当制・予約制
エメラルド整形外科疼痛クリニックには、理学療法士が従事しており、運動器リハビリテーションは原則として担当制としています。
具体的には患者様1人に対し、理学療法士1人が担当となり、施術を行います。
また、患者様をできるだけお待たせせず、またご希望に沿ってリハビリテーションできるよにするために、原則として、予約制としております。

☆1日2単位40分が基本
エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、運動器リハビリテーションは1日2単位40分を基本としています。
その理由は1日1単位20分では、時間が短すぎるため、十分なリハビリテーションを行うことが困難であるからです。

☆新患の方のリハビリテーションについて
新患の方のリハビリテーションについては、なるべく受診日に行えるよう努力いたしますが、場合により、翌日以降のリハビリテーションとなることがあります。
特に、水曜日と土曜日はリハビリテーションが混み合います。

2. 牽引・低周波などの物理療法・消炎鎮痛

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、物理療法・消炎鎮痛として、
・牽引治療(頚椎・腰椎)
・低周波治療
を行っています。

エメラルド整形外科疼痛クリニックには、札幌で初めて、北海道で2番目に設置される最新式の腰椎・頚椎牽引器3機のほか、8チャンネルの低周波機器が常設されています。

3. 超音波骨折療法

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、骨折の癒合を促進する超音波骨折療法を行っており、超音波骨折治療器を常設しています。

タイトルとURLをコピーしました