ワクチン接種関連運動器障害

ワクチン接種関連運動器障害(MARVA)の2つのタイプ、特徴的なMRI画像所見、治療法

エメラルド整形外科疼痛クリニックは、新型コロナウイルスに対するワクチンの副反応と考えられる、肩関節以外の肘関節・手関節や屈筋腱・伸筋腱の障害を、ワクチン接種関連運動器障害(Musculoskeletal Abnormality Related to Vaccine Administration: MARVA)と命名し、治療を行っています。
多くのワクチン接種関連運動器障害(MARVA)と考えられる患者様の診療経験から、ワクチン接種関連運動器障害(MARVA)の2つのタイプ、特徴的なMRI画像所見、治療法が判明してきましので、ご報告させていただきます。

ワクチン接種関連運動器障害(MARVA)とは

新型コロナウイルスに対するワクチンを接種した後に、肩関節の痛みや可動域制限などの障害が出ることが、ワクチン接種関連肩関節障害(Shoulder Injury Related to Vaccine Administration: SIRVA)です。
しかし、肩関節以外にも、肘関節手関節に同様の痛みや可動域制限が生じる患者様や、屈筋腱伸筋腱の症状で来院される患者様が著しく増えています。
こちらの疾患については、まだほとんど報告はないようですが、コロナウイルスのパンデミック前は稀にしか発症していない疾患であり、新型コロナウイルスのワクチンとの因果関係はありうると考えています。
エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、この疾患を、ワクチン接種関連運動器障害(Musculoskeletal Abnormality Related to Vaccine Administration: MARVA)と命名し、治療を行っています。

ワクチン接種関連運動器障害(MARVA)に対する公式発表

ワクチン接種関連運動器障害(MARVA)は、エメラルド整形外科疼痛クリニックが独自に命名したものですので、厚生労働省や大学病院などの医療研究機関からの報告も当然されておらず、公式的は発表も全くありません。

エメラルド整形外科疼痛クリニックの私見:感染タイプと免疫異常タイプがありそうです

現在、エメラルド整形外科疼痛クリニックでに受診し、ワクチン接種関連肩関節障害(SIRVA)ワクチン接種関連運動器障害(MARVA)の疑いが強いと診断された患者様は約45名です。

そして治療経験から、
・抗生剤が良く効く:感染タイプ
・抗生剤が全く効かなく、漢方薬による免疫異常の改善が奏功する:免疫異常タイプ

の2つのタイプがあることがわかりました。

そのため、これはあくまでエメラルド整形外科疼痛クリニックの一私見ですが、ワクチン接種関連肩関節障害(SIRVA)ワクチン接種関連運動器障害(MARVA)には感染タイプと免疫異常タイプという2つのタイプがあり、タイプに応じて治療法を変える必要があると考えています。

エメラルド整形外科疼痛クリニックで行っている検査法

検査内容と評価内容

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、肩関節のほか、肘関節、手関節の障害、化膿性腱鞘炎などが疑われる患者様が来院された場合には、ワクチン接種関連肩関節障害(SIRVA)だけではなく、ワクチン接種関連運動器障害(MARVA)を想定し、化膿性関節炎・化膿性腱鞘炎などの感染性疾患に加え、関節リウマチ・痛風・偽痛風を想定し、検査・治療を行っています。

採血・関節液

  • CRPにより炎症反応を評価
  • リウマチ因子・抗CCP抗体によりリウマチについて評価
  • 抗核抗体により膠原病を評価
  • プロカルシトニンにより重症な感染症の有無を評価
  • 尿酸値により痛風を評価
  • 感染の可能性がかなり高い場合には、静脈血培養検査を施行し、菌血症・敗血症の評価
  • 感染の可能性がかなり高い場合で関節水腫が著明な場合には、関節液穿刺を行い培養検査を施行し、化膿性関節炎の評価

画像検査

  • 単純レントゲン撮影を行い、骨組織の異常を評価
  • MRI撮影を行い、骨組織だけでなく、関節・腱などの軟部組織の異常を評価

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、ワクチン接種関連肩関節障害(SIRVA)ワクチン接種関連運動器障害(MARVA)が強く疑われる患者様に対しては、MRIを用いた評価を行っています。

ワクチン接種関連運動器障害(MARVA)に特徴的なMRI画像所見

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは多くの肘・手関節疾患の患者様やワクチン接種関連運動器障害(MARVA)の患者様のMRI検査を行うことで、ワクチン接種関連運動器障害(MARVA)に特徴的なMRI画像所見が判明してきましたので、2つめの特徴をお伝えします。

特徴1.肘関節・手関節の水腫

ワクチン接種関連運動器障害(MARVA)と判断される患者様は、肘関節・手関節に水腫が貯留していることがあります。
肘関節・手関節に水腫を来す疾患には、変形性関節症と関節リウマチ・膠原病がありますが、変形性関節症であれば、水腫は比較的軽度であり単純レントゲン写真や診察から診断は比較的容易です。
同様に関節リウマチや膠原病も、採血結果から診断は難しくはありません。

そのため、変形性関節症、関節リウマチ・膠原病が否定的で、肘関節や手関節に水腫が貯留する場合には、ワクチン接種関連運動器障害(MARVA)の可能性が高い考えています。

MARVA 肘 STIR

肘関節:STIR画像

MARVA 肘 T1

肘関節:T1強調画像

MARVA 肘 T2

肘関節:T2強調画像

特徴2.腱周囲の炎症

ワクチン接種関連運動器障害(MARVA)と判断される患者様は、屈筋腱・伸筋腱周囲に炎症が強いことがあります。
屈筋腱・伸筋腱周囲の炎症は比較的珍しい病態であり、関節リウマチや化膿性腱鞘炎で発生します。

関節リウマチは、採血結果から診断は難しくはないため、関節リウマチが否定された場合、屈筋腱・伸筋腱の化膿性腱鞘炎である可能性が高く、この化膿性腱鞘炎がワクチン接種関連運動器障害(MARVA)であると考えています。

感染タイプの治療法

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、関節や腱組織などの感染が疑われる感染タイプの場合、抗生物質を投与して治療を行っています。

感染タイプに有効性が高い抗生剤

ワクチン接種関連肩関節障害(SIRVA)ワクチン接種関連運動器障害(MARVA)感染タイプには、エメラルド整形外科疼痛クリニックの経験上、有効性の高い抗生剤があります。
それが、
・ペントシリン®
・セファメジン®
・ジェニナック®
・クラリス®

です。

ここで特筆すべきことは、上記の抗生剤のうち、クラリス®はあまり整形外科などの運動器疾患の感染に対しては有効ではなく、肺などの呼吸器疾患に有効なことが多いことです。

免疫異常タイプの治療法

免疫異常タイプに有効性が高い漢方薬

免疫異常に対する治療法は、西洋医学では、ステロイド免疫抑制剤などしかありません。
しかし、東洋医学には、免疫異常を改善する作用がある漢方薬があります。
エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、原因不明の炎症が疑われる免疫異常タイプの場合、免疫異常を改善する効力のある漢方薬である、
・補中益気湯
・十味敗毒湯
で治療を行っています。

新型コロナウイルスに罹患した方にも発症しています

ワクチン接種関連肩関節障害(SIRVA)ワクチン接種関連運動器障害(MARVA)は、新型コロナウイルスに対するワクチンを接種した方だけではなく、新型コロナウイルに実際に罹患した方にも後遺症として発症していますので、ワクチンだけの問題ではないということをご認識ください。

タイトルとURLをコピーしました