担当制・予約制の運動器リハビリテーション・物理療法・超音波骨折治療・筋電図を使用したバイオフィードバックリハビリテーション

リハビリテーションの特徴

エメラルド整形外科疼痛クリニックのリハビリテーション室は、91.9平方メートルと単科のクリニックとしてはかなり広いことが特徴で、

  1. 担当制・予約制の運動器リハビリテーション
  2. 低周波・牽引などの物理療法
  3. 超音波骨折療法
  4. 筋電図を使用したバイオフィードバックリハビリテーション

の4つのリハビリテーションを行っています。

札幌市 北区 麻生 整形外科 痛み 痛い 疼痛 MRI オープン型 注射 駐車 リハビリテーション 牽引 低周波 益子竜弥 肩 腰痛 肩こり 骨粗鬆症 骨密度測定器 専門 漢方薬 東洋医学 子供 小児 バイオフィードバック ニューロフィードバック 脳波 パフォーマンス 向上 自律神経 アスリート 音楽家 エグゼクティブ 経営者 難治性 治らない 治療 クリニック 両極の治療 骨折 手 膝 足関節 足 指 ガングリオン 診療時間 混雑状況 受付時間 英語

91.9平方メートルと広いスペースのリハビリテーション室


1. 担当制・予約制の運動器リハビリテーション

☆対象疾患

運動器リハビリテーションを行っている対象疾患は、

ですが、これら以外の疾患に対しても積極的にリハビリテーションを行っています。

 

☆担当制・予約制

エメラルド整形外科疼痛クリニックには、理学療法士が5名従事しており、運動器リハビリテーションは原則として担当制としています。

具体的には患者様1人に対し、理学療法士1人が担当となり、施術を行います。

 

また、患者様をできるだけお待たせせず、またご希望に沿ってリハビリテーションできるよにするために、原則として、予約制としております。

 

☆新患の方のリハビリテーションについて

新患の方のリハビリテーションについては、なるべく受診日に行えるよう努力いたしますが、場合により、翌日以降のリハビリテーションとなることがあります。

特に、水曜日と土曜日はリハビリテーションが混み合います。

瞑想 慈愛 呼吸 心を科学する 指南書 ラビングカインドネス 札幌市 北区 麻生 整形外科 痛み 痛い 疼痛 MRI オープン型 リハビリテーション 牽引 低周波 益子竜弥 肩 腰痛 肩こり 骨粗鬆症 骨密度測定器 専門 漢方薬 東洋医学 バイオフィードバック 自律神経 難治性 治らない 治療 クリニック 両極の治療

理学療法士の数とスケジュール

2020年8月下旬より理学療法士が増員します

2. 牽引・低周波などの物理療法・消炎鎮痛

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、物理療法・消炎鎮痛として、

  • 牽引治療(頚椎・腰椎)
  • 低周波治療

を行っています。

牽引治療・低周波治療

エメラルド整形外科疼痛クリニックには、札幌で初めて、北海道で2番目に設置される最新式の腰椎・頚椎牽引器3機のほか、8チャンネルの低周波機器が常設されています。

札幌市 北区 麻生 整形外科 痛み 痛い 疼痛 MRI オープン型 注射 駐車 リハビリテーション 牽引 低周波 益子竜弥 肩 腰痛 肩こり 骨粗鬆症 骨密度測定器 専門 漢方薬 東洋医学 子供 小児 バイオフィードバック ニューロフィードバック 脳波 パフォーマンス 向上 自律神経 アスリート 音楽家 エグゼクティブ 経営者 難治性 治らない 治療 クリニック 両極の治療 骨折 手 膝 足関節 足 指 ガングリオン 診療時間 混雑状況 受付時間 英語

札幌で初めて設置される最新式の腰椎・頚椎牽引器

札幌市 北区 麻生 整形外科 痛み 痛い 疼痛 MRI オープン型 注射 駐車 リハビリテーション 牽引 低周波 益子竜弥 肩 腰痛 肩こり 骨粗鬆症 骨密度測定器 専門 漢方薬 東洋医学 子供 小児 バイオフィードバック ニューロフィードバック 脳波 パフォーマンス 向上 自律神経 アスリート 音楽家 エグゼクティブ 経営者 難治性 治らない 治療 クリニック 両極の治療 骨折 手 膝 足関節 足 指 ガングリオン 診療時間 混雑状況 受付時間 英語

最新式の低周波治療器

3. 超音波骨折療法

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、骨折の癒合を促進する超音波骨折療法を行っており、超音波骨折治療器を常設しています。

4. 筋電図を使用したバイオフィードバックリハビリテーション

エメラルド整形外科疼痛クリニックには、札幌はもとより北海道の実臨床現場では初めて、バイオフィードバック機器を用いたエメラルド筋電図バイオフィードバックリハビリテーションを行っています。

 

主にエメラルド筋電図バイオフィードバックリハビリテーションを行っている対象疾患は、

  • 治りづらい首の痛み
  • 治りづらい肩こり
  • 治りづらい腰痛
  • 手術後の膝関節
  • 手術後の股関節
  • 手術後の肩関節

です。

 

なお、バイオフィードバック機器は2機が常設しています。