麻黄湯の生薬

麻黄湯の生薬

麻黄湯は、以下の生薬で構成されます。
・麻黄
・杏仁
・甘草
・桂枝

生薬の詳細

生薬の詳細について説明します。
<対応する証>
<東洋医学的効能>
<西洋医学的薬理作用>
<代表的な漢方薬>
について紹介し、そのあと、特徴を説明します。

中医学を基盤にしているため、難解な漢字が多くなり、理解することは容易ではないかもしれませんが、漢字のニュアンスを大切にしてそのまま記載しております。

麻黄

麻黄:まおう
<対応する証> 表証、寒証、水毒
<東洋医学的効能> 発汗散寒、宣肺平喘、行水消腫、活血通絡
<西洋医学的薬理作用> 解熱作用、発汗作用、中枢神経興奮作用、交感神経興奮様作用、血圧降下作用、鎮咳作用、気管支平滑筋弛緩作用(気管支拡張作用)、抗菌作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、利尿作用
<代表的な漢方薬> 麻黄湯、麻黄附子細辛湯、葛根湯、麻杏薏甘湯

麻黄は、温めて寒さを治す作用の強い生薬で、寒証に有効です。
発汗散寒といって、汗を出すことで、寒さを改善し、解熱します。
宣肺平喘といって、咳を止める作用があります。行水消腫といって、むくみを改善し、水毒に有効です。

甘草

甘草:かんぞう
<対応する証> 虚証
<神農本草経> 上品
<東洋医学的効能> 補脾益気、解毒清熱、緩急止痛、潤肺(祛痰止咳)、調和薬性
<西洋医学的薬理作用> 抗炎症作用、解熱作用、鎮静作用、鎮痙作用、鎮咳作用、抗アレルギー作用、抗消化性潰瘍作用、胆汁排泄促進作用、ステロイドホルモン様作用、エストロゲン様作用、テストステロン産生抑制作用、フィブリン溶解活性亢進作用、肝障害予防作用、インターフェロン誘導作用、抗菌作用、抗ウイルス作用、抗腫瘍作用
<代表的な漢方薬> 芍薬甘草湯など

甘草は漢方薬に最も含まれる生薬です。
一般用漢方薬210種類中、150の漢方薬に配合されています。
甘草を摂りすぎると偽性アルドステロン症となり、低カリウム血症、高血圧、浮腫などになるので注意が必要です。
特に芍薬甘草湯は甘草の量が多いので、注意してください。

甘草は、補脾益気といって中焦である脾の気虚を改善します。
生の甘草は清熱解毒作用があり、特にジフテリア、破傷風、フグ、蛇毒に解毒作用があります。
緩急止痛とは、急(痙攣・収縮・緊張の意味)を緩めるという意味であり、筋肉の痙攣(こむらがえりなど)や胃腸の平滑筋の痙攣を緩和します
。潤肺とは、文字通り肺を潤すことで、肺熱による咳嗽を改善します。調和薬性とは、配合された他の生薬の作用を緩和することであり、寒性薬、熱性薬、瀉下薬などの作用を急激に起こすことなく、緩やかに効果が出るようにします。

この作用から、甘草は多くの漢方薬に配合されています。

桂枝

桂枝(桂皮):けいし(けいひ)
<対応する証> 表証、寒証
<東洋医学的効能> 散寒解表、温経、祛風寒、活血通絡
<西洋医学的薬理作用> 解熱作用、鎮静作用、鎮痙作用、鎮痛作用、血圧降下作用、末梢血管拡張作用、心臓収縮力増強作用、健胃作用、胆汁分泌促進作用、抗菌作用、抗真菌作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、利尿作用、抗血管内凝固作用<代表的な漢方薬> 桂枝湯、桂枝茯苓丸、桂枝加朮附湯、五苓散
<効果的な部位・症状> 上肢

桂枝は、もっとも基本的な漢方薬である桂枝湯の中心的な生薬です。
基本的には桂枝は温めて寒さを治す生薬で、寒証に有効です。散寒解表とは、状況によって汗を出しながら(汗を出さないこともあります)、寒を改善し、解熱をするという意味です。
温経、祛風寒は経絡などを温めることにより寒さを解消する、という意味です。
さらに鎮静作用などもありますので、ストレスの症状にも有効です。

桂枝は肩、腕、手指に効きやすく、のちに登場する羗活は頭、項、脊椎に効きやすいです。

タイトルとURLをコピーしました