麻黄附子細辛湯の生薬

麻黄附子細辛湯の生薬

麻黄附子細辛湯は、名前のとおり、以下の生薬で構成されます。
・麻黄
・附子
・細辛

生薬の詳細

生薬の詳細について説明します。
<対応する証>
<東洋医学的効能>
<西洋医学的薬理作用>
<代表的な漢方薬>
について紹介し、そのあと、特徴を説明します。

中医学を基盤にしているため、難解な漢字が多くなり、理解することは容易ではないかもしれませんが、漢字のニュアンスを大切にしてそのまま記載しております。

麻黄

麻黄:まおう
<対応する証> 表証、寒証、水毒
<東洋医学的効能> 発汗散寒、宣肺平喘、行水消腫、活血通絡
<西洋医学的薬理作用> 解熱作用、発汗作用、中枢神経興奮作用、交感神経興奮様作用、血圧降下作用、鎮咳作用、気管支平滑筋弛緩作用(気管支拡張作用)、抗菌作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、利尿作用
<代表的な漢方薬> 麻黄湯、麻黄附子細辛湯、葛根湯、麻杏薏甘湯

麻黄は、温めて寒さを治す作用の強い生薬で、寒証に有効です。
発汗散寒といって、汗を出すことで、寒さを改善し、解熱します。
宣肺平喘といって、咳を止める作用があります。行水消腫といって、むくみを改善し、水毒に有効です。

附子

附子:ぶし
<対応する証> 寒証、腎陽虚
<神農本草経> 下品
<東洋医学的効能> 逐寒燥湿・散寒止痛、温助腎陽・回陽救逆
<西洋医学的薬理作用> 抗炎症作用、鎮痛効果、強心作用、血管拡張作用、抗ストレス潰瘍作用、血圧上昇作用、抗ショック作用
<代表的な漢方薬> 八味地黄丸、牛車腎気丸、桂枝加朮附湯、真武湯、麻黄附子細辛湯
<効果的な部位・症状> 冷えによる痛み

附子は、トリカブトを材料に作られます。
トリカブトは猛毒ですが、様々な処置をすることによってかなり安全になります。
とはいっても元は猛毒ですので、選択にはかなりの注意が必要です。
キチンとコントロールして用いることができれば、かなり有効な鎮痛効果があります。
また、効果の発現が早いのも特徴です。
なお、附子は最古の漢方書である『傷寒論』から記載があります。

附子は、逐寒燥湿・散寒止痛といって、風・寒・湿が体内に侵入し、寒さにより気・血の流れが悪くなり「不通則痛」の原則により痛みが生じた場合に有効です。
また曇りや雨の日の痛みが悪くなる場合にも有効です。

温助腎陽・回陽救逆は、腎陽虚を改善するという意味です。
腎陽虚の症状は、腰や膝の冷痛、足が冷えて膝に力が入らない、元気がなく冷えるのを嫌がる、インポテンツ、不妊、夜間頻尿などの症状です。

細辛

細辛:さいしん
<対応する証> 表証、寒証、水毒
<東洋医学的効能> 発散風寒、祛風止痛、竄透開滞、温肺化飲
<西洋医学的薬理作用> 解熱作用、鎮痛作用、麻酔作用、鎮静作用、鎮咳作用、去痰作用、抗炎症作用、抗菌作用、抗アレルギー作用、強心作用、血圧降下作用、新陳代謝促進作用
<代表的な漢方薬> 麻黄附子細辛湯、当帰四逆加呉茱萸生姜湯

細辛は、発散風寒、祛風止痛の作用があり、風寒による関節痛、発熱、頭痛に効果があります。
竄透開滞、温肺化飲は、肺の鬱滞、水毒を改善するという意味で、鎮咳作用となります。

タイトルとURLをコピーしました