バイオフィードバック

バイオフィードバックとは

バイオフィードバックは、身体に各種のセンサーをつけ、身体の状態(バイオ)をリアルタイムに画像化し、その画像結果を各種方法で役立てる(フィードバック)することをいいます。

 センサーには、(表面)筋電図、皮膚温、スキンコンダクタンス、容積脈波、呼吸、心電図、脳波などがあります。

バイオフォードバックの種類

バイオフィードバックには、大きく分けて2つあります。

 

①バイオフィードバック

これはいわゆるバイオフィードバックで、主に、筋電図、温度、スキンコンダクタンス、心拍、呼吸などをモニターします。

 

②ニューロバイオフィードバック

脳波をモニターするバイオフィードバックを特別に「ニューロバイオフィードバック」と呼びます。

 

現在、エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、①バイオフィードバックによる治療を行っており、将来的に②ニューロバイオフィードバックによる治療を予定しています。

3つのバイオフィードバック外来

バイオフィードバックは、「身体」の状態をリアルタイムに画像化し、その画像を見ることで何らかの反応を起こす方法ですが、「心」の状態も画像化することができます。

 そのため、バイオフィードバックは、「痛い・痛み」、「高血圧」の治療、そして「ストレス」の治療および対策に応用することができます。

①慢性疼痛バイオフィードバック外来

「痛い・痛み」の治療にバイオフィードバックを応用することができます。

「慢性疼痛」の治療を専門的に行うものが、「慢性疼痛バイオフィードバック外来」です。

②高血圧バイオフィードバック外来

「高血圧」の治療にバイオフィードバックが有効であることが、既に報告されています。

「高血圧」の治療を専門的に行うものが、「高血圧バイオフィードバック外来」です。

③ストレスバイオフィードバック外来

バイオフィードバックは、「身体」だけでなく「心」の状態も画像化できるため、「ストレス」の治療および対策に有用です。

「ストレス」の治療を専門的に行うものが、「ストレスバイオフィードバック外来」です。

 

なお、「ストレスバイオフィードバック外来」は2019年7月からの開始にむけ、準備中です。


バイオフィードバックのエビデンス

日本ではあまりバイオフィードバックは知られていませんが、世界では既に行われており、エビデンスも報告されています。

 

バイオフィードバックに関するエビデンスで最も有名な書籍が、『Evidence-baced practice in Biofeedback & Neurofeedback 3rd Edition』です。

 

この書籍では、最もエビデンスが高い状態を、Level 5とし、最も低い状態をLevel 1とランク付けしています。

なお、内容は、

  • Level 5 有効かつ明確 (Efficacious and Specific) 
  • Level 4 有効 (Efficacious)
  • Level 3 おそらく有効 (Probably Efficacious)
  • Level 2 ひょっとすると有効 (Possibly Efficacious)
  • Level 1 経験的には推奨できない (Not Empirically Supported)

とされています。

バイオフィードバックが有効な疾患・用途と、エビデンスレベル


バイオフィードバック専用室(診察室3)

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは3つの診察室があります。

診察室1・2は整形外科外来用ですが、診察室3はバイオフィードバック専用室となっております。

 

診察室3はバイオフィードバック機器一式の他、測定の際に使用するマッサージチェアが装備されています。

 

 

本体

(表面)筋電図

容積脈波