2つのテストと3つの手法

2つのテスト

バイオフィードバックには2つのテストがあります。

それは

  • ストレステスト
  • リラックステスト

です。

☆ストレステスト

ストレステストでは、複数のストレスに対する反応性を評価します。

また、ストレスからの復性も評価します。

これらにより、個々人にストレスが加わった場合に、どのような反応をし、また回復するかを評価します。

☆リラックステスト

☆リラックステスト

リラックステストでは、複数のリラックス法を行い、リラックスに対する反応性を評価します。

また、具体的にどのリラックス法が有効かも評価します。

これらにより、個々人がのリラックス能力を評価します。

ストレステスト

リラックステスト


3つの手法

バイオフィードバックには3つの手法があります。

それは

  • 筋電図バイオフィードバック
  • 心拍変動バイオフィードバック

 です。

そして、これら2つの加え、ニューロフィードバックにも1つの手法があります。

それが、

  • 脳波ニューロフィードバック

です。

☆筋電図バイオフィードバック

筋電図バイオフィードバックでは、複数の筋肉にセンサーを貼り、筋肉の活動性をリアルタイムに画像化します。

これにより、”dysponesis”という、筋肉の異常反応視覚化することができ、個々人がこの異常反応をリアルタイムに観察することにより、異常反応を”気づく”ことができます。

この”気づく”ことが治療では最も大切なことです。

なぜなら、”気づく”ことができなければ変えることはできないからです。

 

さらに筋電図バイオフィードバックでは、リアルタイムの画像を見ながら、この異常反応の修正を行うことができます。

 

これらにより、”dysponesis”が原因となっている肩こり・腰痛を治療することができます。

☆心拍変動バイオフィードバック

心拍変動バイオフィードバックでは、容積脈波呼吸センサーを装着することで、心拍変動および呼吸数を測定し、さらに個々人にとって最も快適な呼吸周波数を解析することができます。

 

この個々人にとって最も快適な呼吸周波数で呼吸を行うことにより、乱れた自律神経のバランスを改善することが可能です。

慢性疼痛などでは、自律神経のバランスが乱れ、交感神経が優位になっていることが多いため、心拍変動バイオフィードバックにより、自律神経のバランスを改善することにより、痛み・痛いが改善することが報告されています。

心拍変動バイオフィードバック画面

☆脳波ニューロフィードバック

脳波ニューロィードバックでは、頭部に複数のセンサーを装着し、脳波を測定します。

脳波は個人個人で異なり、周波数が低い脳波が多いタイプの方(low arousal, 低覚醒型)

周波数が高い脳波が多いタイプの方(high arousal, 高覚醒型)がおられます。

脳波ニューロィードバックでは、まずはじめに脳波を測定し、覚醒型か高覚醒型かを判別したうえで、個々人に適したプログラムで治療を行います。