エビデンス

バイオフィードバックのエビデンス

日本ではあまりバイオフィードバックは知られていませんが、世界では既に行われており、エビデンスも報告されています。
バイオフィードバックに関するエビデンスで最も有名な書籍が、『Evidence-baced practice in Biofeedback & Neurofeedback 3rd Edition』です。

エビデンスにランク

『Evidence-baced practice in Biofeedback & Neurofeedback 3rd Edition』では、最もエビデンスが高い状態をLevel 5、最も低い状態をLevel 1とランク付けしています。

  • Level 5:有効かつ明確 (Efficacious and Specific) 
  • Level 4:有効 (Efficacious)
  • Level 3:おそらく有効 (Probably Efficacious)
  • Level 2:ひょっとすると有効 (Possibly Efficacious)
  • Level 1:経験的には推奨できない (Not Empirically Supported)

疾患に対するランク


『Evidence-baced practice in Biofeedback & Neurofeedback 3rd Edition』は、以下のように疾患に対してランクをつけています。

  • 慢性疼痛は、Level 4
  • 腰痛は、Level 3
  • 変形性関節症は、Level 3
  • パフォーマンス向上は、Level 3

つまり、整形外科で治療を行う疾患である慢性疼痛・腰痛・変形性関節症にはバイオフィードバックが有効であるということになります。

バイオフィードバック エビデンスレベル

タイトルとURLをコピーしました