院長のご紹介・クリニックを開院した理由

ごあいさつ

こんにちは、益子竜弥です。

2019年4月1日に長年の夢であったクリニックを開院いたしました。

 

クリニックの治療方針である「両極」の治療の理念のもと、整形外科で一般的に行われている標準的な治療法に加えて、一般的には行われていない標準的な治療法の対極に位置する治療である対極の治療(漢方薬、認知行動療法、バイオフィードバックなど)の両方で治療を行っています。

このように多彩な治療法を行っていることがクリニックの大きな特徴です。

クリニック独自の治療としては、認知行動療法の欠点を改善した『自主的認知行動療法』漢方薬を患者自身が選択する方法である『直漢法』での治療を行っており、日本ではほとんど臨床現場では行われていないバイオフィードバック治療積極的に行っております。

 さらに、エメラルド両極瞑想法などや心拍変動バイオフィードバックなどの「心」に対する治療も行っていることも大きな特徴です。

 

このほか、『病院は病気を予防する場所でもある』という理念のもと、骨粗鬆症や痛み、健康をテーマとした講演会を定期的に開催しています。

エメラルド整形外科疼痛クリニックの院長の益子竜弥の顔写真

院長紹介

氏名:益子竜弥(ますこたつや)

出身:北海道札幌市

出身高校:旭川東高校

出身大学:北海道大学

大学院:北海道大学

留学:米国Johns Hopkins大学

診療科:整形外科

サブスペシャリティー:上肢疾患、慢性疼痛、漢方薬、バイオフィードバック治療

プロフィール

平成11年、北海道大学医学部を卒業し、北海道大学整形外科に入局

平成13年、北海道大学大学院に入学

平成15年~17年、米国Johns Hopkins大学に留学

平成17年、北海道大学大学院を卒業(医学博士)

平成19年~22年、北海道大学病院整形外科 助教

平成22年~28年、製鉄記念室蘭病院に勤務

平成28年~29年、市立札幌病院整形外科に勤務

平成29年~31年、NTT東日本札幌病院に勤務

平成31年、クリニックを開業

専門医・認定医

①整形外科専門医(日本整形外科学会認定)

②リウマチ医(日本整形外科学会認定)

専門領域

①手の外科

手の外科医として、10年以上、大学病院や地方の中核病院で多くの疾患に対して治療に従事してきました。

保存的治療を重視しますが、手術が必要な場合には速やかに専門施設へご紹介します。

②東洋医学

東洋医学の薬剤である漢方薬を用いた治療を積極的に行っています。

意外に思われる方が多いかもしれませんが、漢方薬ケガ急性腰痛症(いわゆるギックリ腰)などの急性疼痛のほか、肩の痛み・肩こり(首の痛み)・腰痛・変形性関節症などの慢性疼痛に対しても非常に有効です。

また、漢方薬は寒がり・暑がり・汗かきなどの体質を改善することができます。

③慢性疼痛・難治性疼痛

慢性疼痛(3か月以上経過しても治らない痛み)や、難治性疼痛(治療法がないなどの理由で改善することが極めて難しい痛み)に対して、痛みに有効な多種多様な内服薬(西洋薬と漢方薬)を使用し、リハビリテーションを行います。

 

これらの治療でもなかなか良くならない場合や、患者様からの希望がある場合には、最新の治療でありほとんど日本では行われていないバイオフィードバック治療を行っています。


クリニックを開院した理由

クリニックを開院した理由①

医療は確かに進歩しています。

しかし、実は、整形外科の治療成績は良くないことが報告されています

 

「両極」の治療であれば、治療成績を向上させることができると私自身は考えています。

しかし、勤務医の立場では「両極」の治療を行うことはできませんでした。

 

ですから、「両極」の治療を広く行うために、クリニックの開院を決意しました。

 

詳細は担当ページをご一読ください。

クリニックを開院した理由②

バイオフィードバックは、日本ではほとんど知られていなく、もちろん、日常診療でもほとんど行われてはいません。 

しかし、バイオフィードバック大きな大きな可能性を秘めています

 

 

ですから、バイオフィードバック日常診療に導入し、広く日本に普及させるために、クリニックを開院することを決意いたしました。

 

詳細は担当ページをご覧ください。



学術報告

院長のこれまでの学術報告(学会賞、共著、医学論文)について掲載しています。

院長のブログ

院長は、『7つの叡智®~超健康と長寿の秘訣~』というタイトルのブログを長年に渡り継続しています。