骨粗鬆症

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症は、「骨強度の低下を特徴とし、骨折のリスクが増大しやすくなる骨格疾患」と定義されています。
つまり、骨密度が低下し骨質が劣化してしまった結果、骨強度が低下し、骨折しやすくなった状態、ということです。
現在、日本では推定1280万人が骨粗鬆症で、40歳~79歳を対象とした報告では女性は男性の3~4倍骨折しやすくなっています。

骨粗鬆症の治療を勧める理由

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、積極的に骨粗鬆症の治療を行っています。
その理由は、
・既に骨粗鬆症により骨折してしまった方は、さらなる骨折を予防するため
・まだ骨粗鬆症による骨折していない方は、今後の骨折を予防するため

です。

骨粗鬆症の原因

 骨は毎日、破骨細胞により壊され(骨吸収)、そして骨芽細胞により作られ(骨形成)ています。
このバランスが崩れ、壊される方が優位になってしまった状態が骨粗鬆症です。
加齢女性であれば閉経が原因の1つとなります。

骨粗鬆症は予防が大切

骨粗鬆症は予防が大切です。
骨量は若年期に最大になり、その後次第に減少していきます。
ですから骨量を減らしすぎないように、
・適切な食事
・適切な運動
・適切な日光浴

を継続することがとても大切です。
なお、これらについては拙著『骨粗鬆症治療の真実と7つの叡智®~超健康と長寿の秘訣~』に詳しく記載しています。

なお、たばこを避け、飲酒もある程度制限することが大切です。 

骨粗鬆症の問題点

骨粗鬆症になると骨が脆くなるため、骨折しやすくなります。
大腿骨近位部骨折(大腿骨頚部骨折・大腿骨転子部骨折)、脊椎の椎体骨折、橈骨遠位端骨折、上腕骨近位端骨折などが起こりやすい骨折です。
特に大腿骨近位部骨折は、骨折後に移動能力が低下しやすく、生活するうえで大きな支障が残りやすい骨折です。

骨粗鬆症以外の問題点

骨粗鬆症の問題点は、骨が脆くなることだけではありません。
骨粗鬆症に加えて筋肉や関節などの運動器も同時に衰えていることが多いことが重要な問題です。
これをロコモティブシンドローム(運動器症候群)といいます。
この状態が進んでしまうと介護が必要となることがあるため予防することが重要です。

骨粗鬆症の診断

骨粗鬆症の診断には、骨密度測定が必要です。
さまざまな骨密度を測定する機器がありますが、腰椎・大腿骨に対するX線による骨密度測定が最も信頼性があることが報告されています。
エメラルド整形外科疼痛クリニックでも、腰椎・大腿骨に対するX線による骨密度測定により骨粗鬆症を診断しています。

成人と比較して、骨密度が、
・70%~80%の状態を、骨減少症
・70%以下の状態を、骨粗鬆症
と診断します。

ただし、軽微な外傷で脊椎圧迫骨折・大腿骨近位骨折となった場合は、骨密度の値に関係なく骨粗鬆症と診断します。
また、骨減少症で軽微な外傷で橈骨遠位端骨折や上腕骨近位端骨折となった場合も、骨粗鬆症と診断します。

骨密度測定器

骨密度測定器

骨粗鬆症の治療 ~運動と食事と薬~

既に骨粗鬆症になってしまった場合には、骨粗鬆症の治療をすることをお勧めします。
その理由は、骨粗鬆症の治療を受けることにより、骨折する危険性を減らすことができるからです。
骨粗鬆症の治療で大切なことは、運動食事、そしてです。

最も大切な運動

 これらのなかで最も大切なのは運動です。
散歩などの 有酸素運度のほか、負荷をかけた抵抗運動などの筋力トレーニングが有効です。
詳細は、骨粗鬆症の運動法・食事法や、拙著『骨粗鬆症治療の真実と7つの叡智®~超健康と長寿の秘訣~』をご参照ください。

次に大切な食事

次に重要なことは、食事です。
実は、牛乳などの乳製品は、骨を強くするどころか、反対に骨を脆くすることが証明されています
また、小魚が良いという話も良く効きますが、実は、動物性タンパク質を食べ過ぎると、やはり骨が脆くなることが証明されています。
そのため、カルシウムを摂取すること自体は重要なことですが、小魚ではなく、緑黄色野菜から摂取することが望ましいと言えます。
なお、特におすすめする野菜は、キャベツです。
ほかに避けた方が望ましい食品は、アルコールや、カフェイン、食塩、リンを多く含む食品です。
詳細は、骨粗鬆症に有効な運動法・食事法や、拙著『骨粗鬆症治療の真実と7つの叡智®~超健康と長寿の秘訣~』をご参照ください。

骨の健康チェック

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、骨粗鬆症の検査や治療を行う骨の健康チェックをお勧めしています。

骨粗鬆症打開プロジェクト

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、『骨粗鬆症打開プロジェクト』を行っています。

お悩み相談室:「骨粗鬆症って、治療しなければならないの?」

エメラルド整形外科疼痛クリニックでは、皆さんから良く聞かれる悩みに返答するために、「お悩み相談室」をホームページ上に開設しています。
その中に「骨粗鬆症って、治療しなければならないの?」というタイトルで、骨粗鬆症の詳細を発信していますので、ご興味がある方は、ご覧ください。

院長が執筆した骨粗鬆症の書籍

エメラルド整形外科疼痛クリニックの院長が、骨粗鬆症に関する書籍『骨粗鬆症治療の真実と7つの叡智®~超健康と長寿の秘訣~』を執筆しています。
ご興味がある方は、ご覧ください。


エメラルド整形外科疼痛クリニック

・札幌市北区麻生に開院している整形外科クリニック
・多彩な独自の治療法で治療を施行
・骨粗鬆症に対して積極に治療を施行