エメラルド式Ver.2

エメラルド式革新的漢方薬選択法 Ver.2について

エメラルド式革新的漢方薬選択法は、簡易的であり、漢方薬の経験があまりない医師でも有効な漢方薬を選択できるという、きわめて特異な方法です。
現在も引き続き新型コロナウイルスの影響が続いているため、漢方薬を選択する有効性をさらに向上し、また受診頻度を低下させるために、統計学である
・数量化理論II類
・クラスター分析
・対応分析

という手法を用いて改良したものが、エメラルド式革新的漢方薬選択法 Ver.2です。

エメラルド式革新的漢方薬選択法 Ver.2は、整形外科で罹患率の高い疾患である
・へバーデン結節・ブシャール結節
・五十肩
・肩こり
・腰痛
・腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア
・変形性股関節症
・変形性膝関節症
について有効な漢方薬の優先順位を統計学的に解析することが可能であり、エメラルド整形外科クリニックの日々の診療で使用しています。

エメラルド式革新的漢方薬選択法 Ver.2は、2022年7月に開催される第34回日本疼痛漢方研究会学術集会にて公開予定です。

タイトルとURLをコピーしました