バイオフィードバック治療

自立神経の乱れに対する3つのバイオフィードバック治療

ストレステスト・リラックステストを行うと種々の自律神経の乱れが検出されます。
そして、その自立神経の乱れに応じた治療法を行います。
治療法には大きく分けて、
1. 筋電図バイオフィードバック
2. 心拍変動バイオフィードバック
3.
脳波ニューロフィードバック
があります。

筋電図バイオフィードバック

筋電図バイオフィードバックは、
・ストレスに対して筋肉が過剰に収縮する場合
・ストレスが存在しない安静時でも、ある程度の自発的な収縮がある(dysponesis)場合
に有効です。

心拍変動バイオフィードバック

心拍変動バイオフィードバックは、
・ストレスに全く反応できないくらい乱れている場合
・ストレスに反応することはできるが、その後に回復に回復反応をすることができない場合
・ストレスに対する反応が正常反応と乖離する(逆に作用する)場合
・ストレスに対する回復反応が正常反応と乖離する(逆に作用する)場合
に有効です。

脳波ニューロフィードバック

脳波ニューロフィードバックは、
・上記の全ての場合
・筋電図バイオフィードバックが有効でない場合
・心拍変動バイオフィードバックが有効でない場合
が全て当てはまった場合に施行します。

タイトルとURLをコピーしました