院長のブログ

院長(益子竜弥)は以前からブログで多くの情報を発信しています。

これまでのテーマは、

  • アトピーの治し方
  • 漢方薬
  • 直漢法
  • 7つの叡智
  • エメラルドオーシャン
  • 薬膳
  • 幸せについて
  • 「両極」の治療:痛みに対する最新の治療
  • 個人が実践できる新型コロナウイルス対策

などです。

ブログ アメブロ 札幌市 北区 麻生 整形外科 痛み 痛い 疼痛 MRI オープン型 注射 駐車 リハビリテーション 牽引 低周波 益子竜弥 肩 腰痛 肩こり 骨粗鬆症 骨密度測定器 専門 漢方薬 東洋医学 子供 小児 バイオフィードバック ニューロフィードバック 脳波 パフォーマンス 向上 自律神経 アスリート 音楽家 エグゼクティブ 経営者 難治性 治らない 治療 クリニック 両極の治療 骨折 手 膝 足関節 足 指 ガングリオン 診療時間 混雑状況 受付時間 英語

現在のブログ内容

『エメラルド両極瞑想法』の3D解析結果 ()
『エメラルド両極瞑想法』では、・呼吸に集中する瞑想・ラビングカインドネス瞑想(慈悲の瞑想)・フォーカスアテンション瞑想という3種類の瞑想法を主に行っていますが、これらの瞑想中の脳波の状態の3D解析の結果をご紹介します。 なお、注目する部分はいくつかありますが、これら3つで差が大きいのは、25Hz以上のベータ波と呼ばれる部分で、フォーカスアテンション瞑想でかなり低値となっています。 これは、この人にとっては、フォーカスアテンション瞑想が適しているということを意味します。 呼吸に集中する瞑想 ラビン
>> 続きを読む

『エメラルド両極瞑想法』の3つの瞑想法 ()
『エメラルド両極瞑想法』では、・呼吸に集中する瞑想・ラビングカインドネス瞑想(慈悲の瞑想)・フォーカスアテンション瞑想という3種類の瞑想法を主に行っています。 実際にクリニックで使用している、これら3つの瞑想法を含めた【瞑想の指南書】をご紹介します。 次回は7月10日の更新を予定しています。 瞑想による心のケアhttps://www.emerald-orthopedic-pain-clinic.com/new-coronavirus/meditation/エメラルド両極瞑想法https:/
>> 続きを読む

『エメラルド両極瞑想法』は瞑想中・瞑想前・瞑想後を重要視 ()
『エメラルド両極瞑想法』では、瞑想中だけではなく、・瞑想前・瞑想後の状態を重要視します。 その理由は、瞑想中の状態を評価することは、もちろん、とても重要なことですが、それ以上に大事なことは、・瞑想していないときに、どのような状態にあるかだからです。 つまり、瞑想を行うことで生活にどのような望ましい変化が現れるかが、とても重要であるため、・瞑想前の状態を科学的・客観的に解析・評価することがとても重要となります。 同様に、瞑想後にどのような変化が生じているかが、とても重要であるため、・瞑想後の状態を
>> 続きを読む