痛みに困って行くところは? 整形外科? ペインクリニック? 鍼灸? 整骨院? 整体院? カイロプラクティック?

痛みに困って行くところは?

整形外科やペインクリニック、あるいは鍼灸、整骨院、カイロプラクティック?

腰痛や肩こりのほか、坐骨神経痛などの神経の痛みにお悩みの方は、かなり多いと思います。
そして多くの方は、整形外科やペインクリニック、あるいは鍼灸、整骨院、カイロプラクティックに受診された経験があるでしょう。
ですが、これらの治療および施術の効果に「今一つ満足できなった」、という感想をお持ちの方は相当多いのではないでしょうか。

実際、整形外科、ペインクリニック、鍼灸、整骨院、整体院、カイロプラクティックの考え方や、治療や施術内容は大きく異なりますので、「自分の症状だと、どこに治療や施術にいけば良かったのか?」と考えることはもっともです。

整形外科とペインクリニックの二刀流の院長がお答えします

整形外科専門医であり、日本ペインクリニック学会にも所属し、整形外科そしてペインクリニックの領域で多数の痛みに関する学術発表をしているという二刀流のエメラルド整形外科疼痛クリニックの院長が、お答えします。
痛みがなかなか良くならずに困っている方のお役に立つことができれば幸いです。

整形外科について

整形外科は、「運動器官を構成するすべての組織、つまり骨、軟骨、筋、靭帯、神経などの疾病・外傷を対象とし、その病態の解明と治療法の開発および診療を行う専門領域で、その対象は脊椎(脊柱)・脊髄、骨盤、上肢(肩、肘、手、手指)、下肢(股、膝、足、足指)など広範囲に及びます。新生児、小児、学童から成人、高齢者まで全ての年齢層が対象になり、その内容は多様で治療の必要な患者数が極めて多いのが整形外科の特徴です。(日本整形外科学会のホームページより抜粋)

一言でいうと、整形外科は、頭部以外のほぼ全身の運動にかかわる部分の痛みを治療する診療科です。そのため、「首・腰などの痛み、四肢の関節の痛み」であれば、整形外科は受診を考える診療科の1つといえます。

整形外科は、残念ながら痛みに詳しくない

整形外科で多い疾患名・病名は、腰痛、頚部痛、膝関節痛、肩関節痛などです。
お気づきのように、「~痛」となっています。
つまり、整形外科は痛みを治療する診療科です。

ここで1つ、重要なポイントがあります。
それは、「整形外科は痛みを治療する科ですが、ほとんどの整形外科医は痛みに詳しくない」ということです。
驚かれる方がかなり多いと思いますが、残念ながら事実です。
こちらについては、別項で詳しくご説明します。

ペインクリニックについて

ペインクリニックは、「症状や身体所見から多角的に痛みの原因を診断し、薬物療法だけでなく神経ブロックを始めとする各種の治療法を駆使して痛みを軽減・消失させQOLを向上させる診療部門(日本ペインクリニック学会のホームページより抜粋)」です。

一言でいうと、ペインクリニックは、部位や診療科に関係なく、全身の痛みを治療する診療科です。
そのため、「全身どこでも痛みがある」のであれば、ペインクリニックは受診を考える診療科の1つといえます。

患者さんの状態に合わせて治療法を選択することが名医の証

上記のように、ペインクリニックの主な治療方法は神経ブロックですが、治療方法は各種あります。
そのため、神経ブロックをしないからといってペインクリニックではないということはないです。
ここは誤解されている患者さんが多いので覚えておいてください。

痛みに困っている患者さんに対し、神経ブロックが適切であれば神経ブロックを施行し、適切でないのであれば神経ブロックをしないことが質の高い医療であり、名医の証です。

麻酔科医でなくても医師であればペインクリニックは行える

ペインクリニックを行っている医師は圧倒的に麻酔科医です。
しかし、麻酔科医でなければペインクリニックができないということではありません。
医師免許があれば、どなたでも行うことができます。
ですが、日本ペインクリニック学会の専門医になるのであれば、麻酔科標榜医か麻酔科専門医であることが条件となります。

しかし、ほとんど全員のペインクリニックの医師は麻酔科医

現実的には、痛みに対し真摯に診療に取り組んでいる麻酔科以外の医師は極めて稀であり、ペインクリニックを行っている医師はほとんど麻酔科医であることが現実です。
ここは重要なポイントになります。

つまり、「ペインクリニックで痛みを積極的に治療している医師はほとんど麻酔科であるため、麻酔科としての視点からしか治療がされていないことが現状」ということです。
こちらについては、別項で詳しくご説明します。

鍼灸、整骨院、カイロプラクティック

これらは、医療行為ではなく、医業(療)類似行為となります。
医師の立場からは、ここで詳しくご紹介することは憚れるため、院長の私見を少しだけ述べさせていただきます。

鍼灸

エメラルド整形外科疼痛クリニックの院長は西洋医学だけでなく、漢方薬などの東洋医学の知識・経験があり、実際に治療を行っています。
そのため、東洋医学の1つである鍼灸に対しては、好意的な考えを持っています。
つまり、鍼灸は治療法の1つとして有益な可能性があると考えています。

しかし、痛みは西洋医学だけではなく東洋医学でも治療が難しい分野の1つです。
そのため、鍼灸だけで痛みを改善することは容易ではないと考えています。

また、施術者の技量は痛みの改善に対し、大きく影響すると思います。
鍼灸の名手・大家であれば、各種の痛みを改善することはできるかもしれませんが、そのような方は稀であろうという印象を持っています。

なお、アメリカ、イギリスやドイツなどの欧米諸国では、鍼灸は高く評価されており、イギリスやドイツでは保険適応になっています。

整骨院、整体院、カイロプラクティック

整骨院、整体院、カイロプラクティックについても、鍼灸と同様に、痛みに対して有効である可能性があると思いますが、施術者の技量に大きく影響すると個人的には考えています。

まとめ

痛みに困って行くところは? 整形外科? ペインクリニック? 鍼灸? 整骨院? 整体院? カイロプラクティック?
・整形外科:「首・腰などの痛み、四肢の関節の痛み」であれば、整形外科は受診を考える診療科の1つ
・ペインクリニック:「全身どこでも痛みがある」のであれば、ペインクリニックは受診を考える診療科の1つ
・鍼灸:痛みに有効な可能性はあるが、施術者の技量次第であろう
・整骨院 整体院 カイロプラクティック:痛みに有効な可能性はあるが、施術者の技量次第であろう